本研究会は,多文化共生社会の実現のために,特に日本語教育分野から積極的な貢献を行うことを目的として,2006年に日本語教育学会のテーマ別研究会として設立されました。本研究会は,成人および年少者に対する日本語教育を多角的かつ総合的に研究,考察し,多文化共生社会における日本語教育のあり方や,日本社会の外国人受け入れ体制の整備などについて議論を行っています。>> 詳細はこちら 



第14回研究会 ーー 9月10日(日)開催

日本語教育政策を語る

-この動きは私たちに幸せをもたらすか-

■日時:2017年9月10日(日) 13:30‐16:30 (12:45開場)

■場所:聖心女子大学4号館ブリット記念ホール】

→東京メトロ日比谷線広尾駅3・4番出口から1分(地図

■参加費:1000円

  • 日本語教育推進基本法成立とその影響神吉宇一(武蔵野大学大学院言語文化研究科 准教授)
  • 「外国人児童生徒等教育の充実をめざす支援施策について 近田由紀子文部科学省 初等中等教育局国際教育課外国人児童生徒等教育支援プロジェクトオフィサー
  • 大学での日本語教員養成に求められること ─政策の動きを受けて─林さと子(津田塾大学学芸学部 教授

 

【定員 220名(定員に達し次第締め切ります)】http://kokucheese.com/event/index/468524/

上記 URL にアクセスして,必要事項を書いて送信してください。



ダウンロード
多文化SIGちらし.pdf
PDFファイル 748.8 KB